不要になったらカメラは買取に出そう

もし不要になったカメラがあるなら、捨てるのは勿体無いので買取に出すようにしましょう。もしかしたら、思わぬ高値で売れる可能性もありますし、カメラの種類によってはかなりの価値があるので、しっかりと査定してもらうのが望ましいです。

まずはカメラの種類について知ろう

カメラ種類
カメラには大きく分けて3つの種類があります。家庭でよく使用されるコンパクトデジタルカメラ、本格的な撮影ができるミラーレス一眼カメラ、プロの人が使用するデジタル一眼レフカメラ、この3つに分けることができます。最も多く買取に出されるのはコンパクトデジタルカメラですが、高値で売れるのはやはりデジタル一眼レフカメラとなっています。

買取価格はどうやって決められるのか

カメラの買取価格は、メーカーと機種と発売された年代、あとは保存状態と付属品によって決められます。もちろん店舗によって詳細な査定方法は異なるので、最終的な金額はお店によって変わってきます。ただ、ある程度の買取相場は決まっているので、そちらを参考にしながら検討していくといいでしょう。

基本的には新しい機種ほど高値が付きやすいですが、昔のカメラでも人気機種や希少価値の高い製品であれば、結構な値が付く可能性があります。したがって、「こんな古いカメラが売れるわけない」と安易に捨ててしまうのではなく、しっかりと査定に出したいところです。

カメラを売るにはどうすればいいのか

カメラ買取
さて、肝心のカメラを売るための方法ですが、基本的には専門店かリサイクルショップで買い取ってもらうことができます。ただ、カメラを専門に取り扱っている店舗でも、全てのお店が買取を行っているわけではないので注意が必要です。また、リサイクルショップは手間をかけずに売れるという利点がありますが、専門店ほど正確な査定はしてもらえないので、価値の高い機種に関してはプロに査定してもらうようにしましょう。

また、近年ではインターネットによる買取サービスを行っている業者も多いため、近くに店舗がない人はそちらを利用するのもいいでしょう。そうでなくても、ネット業者で買い取ってもらった方が高く売れるケースも少なくないので、簡易査定だけでもしてもらうといいでしょう。

あとは、ネットーオークションなどに出品して売る方法もあります。店舗や業者に出すよりも高く売れる可能性もありますし、特に希少品は相当な価格で落札してもらえるかもしれません。ただ、出品や発送などの手続きを全て自分で行わないといけないので、手間がかかるデメリットもあります。

少しでも高くカメラを売るためには

大切に愛用してきたカメラですから、少しでも高く売りたいと思うはずです。基本としては、なるべく早く買取に出し、専用ケースに保管するなどして保存状態を良くしておき、査定前には汚れやホコリなどを綺麗にして、付属品もしっかりと揃えた状態で売ることが重要です。

また、どの店舗や業者に買い取ってもらうかも大事になってくるので、いろんなお店の買取価格やサービス内容を比較して、できるだけ複数の店舗や業者に査定を出すことが推奨されます。

■おすすめ業者はコチラ↓↓
カメラ買取(https://www.buyking.club/items/%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9)

売れるなら絶対に買取に出した方がいい

最終的にどの程度の金額でカメラが売れるかは状況によりけりですが、少なくともある程度の金額で売れるのであれば絶対に買取に出した方がいいでしょう。捨ててしまうのは勿体無いだけでなく、機種や処分方法によっては費用もかかったりするので、そういった意味でも買い取ってもらうのがオススメできます。