ネット業者に買取してもらうメリット

カメラに関しても今の時代はネット業者に依頼して売ることができます。特に買取店舗が近くにない場合には、とても便利なサービスになってくれるでしょう。もちろん、ネット業者だからこそのメリットもあるので、どんな人でも検討する価値はあります。

ネット業者の方が高く売れることも多い

ネット業者というのは、インターネットによる買取を専門としていることが多いので、実店舗を構える必要がなく運営コストがあまりかかりません。その分、買取価格を高めに設定することも可能になるので、それだけ高く売れることも多いわけです。

お店まで足を運ぶ必要がない

ネット業者での買取なら、インターネットで申し込みをして郵送でカメラを送るだけでOKです。そのため、お店まで足を運ぶ必要がないことから、近くに店舗がない人はもちろん、営業時間内に来店することが難しい人にとっても、非常に便利なサービスとなってくれます。

また、複数台買い取ってもらう場合でも、わざわざ重たい荷物を運ばなくていいですし、買取台数が多いとボーナス査定をしてもらえるところも多いので、そういった意味でも利用するメリットは大きいです。

事前に簡易査定をしてもらえる

どの業者でも買取申し込みをする前に、事前にカメラの簡易査定をしてもらえます。機種やメーカーや発売年を入力して、カメラの写真を添付して送信すれば、大まかな買取価格を教えてもらえます。もちろん金額に納得できなければ申し込まなくてもいいので、いろんな業者に簡易査定をしてもらうといいでしょう。

選択肢の1つとして検討して損はない

最終的にどういった方法で買い取ってもらうにしても、ネット業者での買取も選択肢の1つとして検討して損はありません。

カメラを売るにあたってのお店選び

カメラを売るにあたっては、どのお店に買取に出すかが重要となってきます。やはり店舗によって査定方法や在庫数も異なるので、事前に下調べをした上で少しでも高く買い取ってくれるお店を選びたいところです。

専門店かリサイクルショップか

カメラを買い取ってくれるお店は、大きく分ければ専門店かリサイクルショップの2つがあります。普通に考えれば、専門店の方が高く買い取ってくれるイメージがありますが、家庭用カメラなどはリサイクルショップの方が高く売れるケースもあるので、一概にどちらがいいとは言えません。カメラの機種や年代や製造メーカーによって、どのお店に売るのがベストかは変わってきます。

ネットで調べる際の注意点

カメラ買取のお店を探す際には、ネットで色々と情報を調べることになるでしょう。どのお店がオススメなのか、どの店舗だと高く買い取ってもらえるのか、様々な有益情報を得ることができます。ただ、それらの情報も確実というわけではありませんし、あくまで参考程度に考えるようにしましょう。

できるだけ複数のお店に査定してもらう

同じカメラでも店舗ごとに買取価格は異なりますから、できるだけ複数のお店に査定してもらうのが望ましいです。最近ではインターネットで簡易査定を行ってくれるところも多いので、それならお店まで足を運ばずに大まかな買取金額を知ることができます。

簡単に決めないようにする

くれぐれも、「家から近いから」、「手間をかけたくないから」、「地元で有名なショップだから」などの理由で、簡単に買取店舗を決めないようにしましょう。カメラの機種よっては何万円もの差が出る可能性もありますから、しっかりと時間をかけてでもお店選びには力を入れるべきです。

フリマアプリやネットオークションでカメラを売る方法も

カメラを売る方法として、一般的には店舗やネット業者などに買取してもらうのが主流でしょう。ただ、最近になって流行っているフリマアプリやネットオーションに出品することもできるので、そちらで売ることを検討してみるのもいいでしょう。

お店での買取より大幅に高値が付くことも

お店でのカメラ買取は、もちろん店舗ごとに細かい査定方法は違いますが、基本的には相場を基準にして査定されるので、そこまで大きな差が生じることはありません。しかし、フリマアプリなら自分で価格を決めることができますし、ネットオークションでは落札希望者が金額を入力するので、お店での買取より大幅に高値が付くことも少なくありません。

特に、希少品やレトロなカメラなどは、愛好家やコレクターからの人気も高いですから、相当な金額で落札されるケースも多いです。少なくとも古い年代の機種に関しては、フリマアプリやネットオークションでの出品がオススメできます。

色々と手間がかかるのが難点

ただ、フリマアプリやネットオークションでカメラを売る場合、色々と手間がかかるのが難点となります。利用したことがない人は新規での登録が必要となりますし、出品する際には写真と説明文を掲載しなければなりません。落札された場合には相手とやり取りをして、そしてカメラを発送するため包装や手続きも全て自分で行わないといけません。

したがって普段から忙しい人にとっては、フリマアプリやネットオークションでカメラを売ることは少し厳しいかもしれません。むろん、出品しても必ず落札されるとは限らないので、結果として売る時期が遅くなってしまい買取価格が下がる可能性もあります。

一度やってみるのもいい

フリマアプリやネットオークションはカメラを売る以外にも色々と活用できるので、経験の意味も込めて一度やってみるといいでしょう。

古い機種のカメラも売れるのか

フィルムカメラのようないわゆる古い機種のカメラに関しても、果たして売ることはできるのでしょうか。結論から言うと、買い取ってもらうことは十分に可能なので、決して捨てたりせずに査定に出すようにしましょう。

フィルムカメラの需要は今でも高い

フィルムカメラというのは、デジタルカメラに比べると性能や利便性で劣るイメージがあります。ただ、フィルムでなければ表現できないような写真を撮れたりするので、愛好家やマニアには今でも高い人気を誇りますし、もちろんライト層にも一定の支持を受けています。

どの店舗に売るのがいいのか

古い機種のカメラに関しては、リサイクルショップや新機種を取り扱う店舗ではなく、中古カメラを専門に扱うお店に売るのが望ましいです。どうしても一般の買取業者だと、買い取ってもらえなかったり物凄く安い値しか付かないケースがほとんどです。しかし、古いカメラを専門としているお店なら、査定も正確ですし高く売れる可能性も十分にあります。

人気機種や希少品は相当な高値になることも

また、古いカメラでも昔人気のあった機種や、流通量が極めて少ない希少品に関しては、相当な高値になることもあります。昔のレトロなカメラを集めているコレクターもたくさんいますし、驚く程の値が付くかもしれません。その場合は、ネットオークションなどに出品することも視野に入れながら、しっかりと時間をかけて調べておきたいところです。

十分に下調べとリサーチをしておく

古い機種のカメラを売る場合には、十分に下調べとリサーチを行っておくようにしましょう。物凄く価値の高いカメラにも関わらず、雀の涙ほどの価格で売ってしまわないよう、じっくりと情報収集を行っていきましょう。

どうすればカメラを高く買い取ってもらえるか

もし愛用してきたカメラを手放すことになった時には、少しでも高く買い取ってもらいたいと思うはずです。では、どうすれば高く売ることができるのか、特に重要となるポイントを押さえておきたいところです。

基本的には早いほど高く売れる

希少品や限定生産品などは別ですが、基本的にカメラというのは新しく発売された機種ほど高く売れる傾向にあります。したがって、使う機会が少なくなったり、新しいカメラの購入を検討しているのであれば、少しでも早く買取に出すのが望ましいです。

保存状態を良くしておきたい

もちろん中古のカメラや一昔前に発売された機種でも、保存状態が良ければそれなりの価格で買い取ってもらえる可能性は高いです。そのため、密閉したケースにしっかりと保管しておき、劣化の進行を遅らせるよう心がけましょう。

定期的な掃除は欠かせない

買取時にはもちろんカメラを綺麗にしておく必要がありますが、普段から定期的に掃除しておくことも欠かせません。特にホコリに関しては、劣化の原因にもなりやすいのでしっかりと落としておきましょう。ただ、あまり過剰にやると傷をつけてしまう可能性があるので、できる範囲で構いません。

付属品は無くさないよう注意する

当然ながら、カメラの付属品も査定に大きく影響しますし、付属品があるかないかで金額が大きく変わってくることも多いです。新品で購入した時と同じような状態で買取に出すことがベストなので、説明書1つでも極力無くさないよう心がけましょう。

その日から行動していく

もしも、カメラを売ることを検討する場合には、その日から行動するようにしましょう。ネットで調べたりするだけでもいいので、少しでも早く動くことが大事です。